FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2013'11.22 (Fri)

喉にささった骨の取り方

院長の村上です。

この前、知り合いの先生に喉にささった骨の取り方を教えてもらいましたので

皆さんにもシェアしたいと思います。


まず第1に

刺さっているのが右側なら、右の前腕の内関(掌側の中央より2横指中枢側)

若しくは、げき門(掌側の中央)を押しながら、手首を回しているととれます。

大体は、内関で反応があります。この方法で喉頭部から気道部が緊張するので

患部が刺さった骨を押し出すのだそうです。


ここが内関
Naikan.jpg

そしてげき門
gwkimon1.jpg


第2に

太ケイ(内くるぶしとアキレス腱の間)を、そこをゆっくり指で押しながら深呼吸してください。

小さな骨なら意外とすぐ取れます。

お試しあれ
スポンサーサイト
11:30  |  スタッフブログ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://murakamisekkotuin.blog38.fc2.com/tb.php/315-d2ff6e46

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。